• Mamiko Kuraoka(Designer)

Cinema PETHICA x Coco-de-sica Esta青山   Vol.10 開催レポート


11月16日(木)にCinema PETHICA x Coco-de-sica Esta青山 シネマペシカの第10回目を開催いたしました。

映画『台北カフェ・ストーリー』を上映。

原題: 第36個故事監督 シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全 )

キャスト: グイ・ルンメイ(桂綸鎂) リン・チェンシー(林辰唏) チャン・ハン(張翰) 中孝介(特別出演)

製作国:台湾 /81分 / 2010年 OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。 ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。(HPより) -----------------------------------

今回は、ドラマ仕立ての台北のお洒落な映画を上映しました。

台北で美人姉妹がカフェをオープンし、このカフェでは「物々交換」が人気に。 物と物を交換するとき、実は物にまつわる ストーリーも同時に交換している。 そして、姉妹は価値観を変えていく。。。

そんなストーリーでした。

「あなたにとって 一番 大切なものは?」

見終わった後は、なんだかみなさん心が温かくなった様子で。

一番大切なものは?そう、心に問われるような映画。

映画の中にあったシーンで、同じシチュエーションだったら?と会場で訊ねてみました。

◆お花のカラーを積んだトラックと接触事故を起こして自分の車が故障したとき、あなたならどうしますか?

①トラックいっぱいのカラーをもらって帰る。

②車の修理代をもらう。

参加者にきいてみると、映画鑑賞中は②を選ぶ人がほぼ全員だったものの、鑑賞後は①にしたいな、という方が増えていました。この変化はとても面白いですね。

モノの価値はお金では量れない。本当に大切なものは心が決めるのだと感じました。

・お金がある時と無い時では、できることが違う。できることを持ち寄って、ひとつの形として残すことが大切だと、震災後から気づいて行動するようになった。SoundStatesという音楽配信をしている方(=シネマペシカの会場であるCoco-de-sicaEsta青山さん)は、ミュージシャンに無償で映像撮影をすることもあるそうです。そこにある価値とは、「国境を越えて届けたいという気持ち」からだそうです。

・過去の経験で、引っ越し時に、要らなくなったものを交換する、その時にちょっとした会話が生まれ、あげるつもりが逆に他のものをいただいてしまった。優しい気遣いに心が温まった経験だったとのこと。

誰かにとっては要らなくなったものでも、誰かにとっては要るものだったり。そこから会話や物語が発生するって、とっても心あたたまることですね。

・あるビジネスで負債を抱えてしまった時に、悔しくて仕方なかったけれど、途方に暮れた結果、その負債の在庫を周りに配り歩いた。そしてその後、当時、配って受け取ってくれた人たちが、現在のビジネスを支えてくれている。そんな物々交換の大切さをこの映画が教えてくれたんです。と、数年前に実は映画館でこの映画を観たんです、という方がいらっしゃいました。なにかしたことって、後で自分にきっと返ってくるのでしょうね。とても良いお話しでした。

みなさんから色々な感想をきけて、シェアすることができて、10回目も良い会となりました。

少しでも心に感じ取って、誰かと共感できたり、そこからどんどん派生していったら、世の中はもっと良くなると信じています。

来月は年内最後となります。ぜひ一人でも多くの方に知ってもらいたい世界のドキュメンタリー映画です、小さな社会貢献ですが、みなさまお誘い合わせの上、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

詳細はこちら↓

12月5日(火)19:00~ Coco-de-sicaEsta青山にて

『ポバティ・インク』を上映予定

★イベント詳細はこちらをご確認ください→https://www.facebook.com/events/1032886036853555/

★前売りチケットはこちらから

http://cinemapethica20171205.peatix.com

★今回は上映前に、ミニライブを開催。

ピアニカ:永田ジョージさん  シンガー:レイチェルさん(Rachel Fukushima)

カフェの映画にぴったりの曲を演奏してくださいました。レイチェルさんの声は透き通ってて空気感が柔らかくなるような感じです。お二人とも、都内様々な場所で演奏されているので、それぞれホームページを覗いてみてくださいね!

永田ジョージさん:https://www.groovepockets.com/

Rachel Fukushimaさん:https://www.rachelfukushima.com/

『築地おにぎり やの家』さんの🍙おにぎりをFacebookページで希望の方で注文しました。

いつも美味しいおにぎり、塩むすび(えんむすび)をどうもありがとうございます。

ペシカてぬぐいと共に!

会場としてご協力いただきました『Coco-de-sica Esta青山』さん、どうもありがとうございました!!会議、セミナー、研修、勉強会、ワークショップ 、面接、オーディション、撮影、ロケ控室など用途に応じてお部屋が使えます。スタッフの皆さまがとても協力的で優しいです。ご興味ある方はぜひ!

PETHICAはこちらもフォローしていただけると嬉しいです♡→ Website , Instagram , Facebook

#料理人ガストンアクリオ美食を超えたおいしい革命 #ユナイテッドピープル #映画 #シネマペシカ #cinemapethica #CinemaPETHICA #ドキュメンタリー #台北カフェストーリー #CocodesicaEsta青山 #ココデシカEsta #外苑前 #青山 #台北 #台北カフェストーリー