• Mamiko Kuraoka(Designer)

思いやり。


3.11から7年。

長かったかな、短かったかな。

どう感じようともあの日のことは忘れません。

当時私は東京で会社員としてオフィスに出勤していました。東北からは離れているとはいえ、あの揺れの恐怖はいまも身体で覚えています。

でも、被災地の方はもっと覚えているだろうし、過去のことではなく今も日々様々な感情が生まれているのでしょう、と察します。

あの経験から、生かされていることに感謝を感じる気持ちも大きくなったり、人生やりたいことをやらなくちゃ、と考えるきっかけとなった人も多くいるのではないでしょうか。

暮らしや人生は、他人と比べることではない。感情も十人十色。それでも、他人に想いを馳せることはできるはず。ちょっとした応援や、日々を大切に生きること、いまできること。思いやりを持つこと。

いつどんな時も、思いやりを忘れなければ、他人と思っていた人が他人じゃなくなるんじゃなかな。そんな社会が広がっていくといいと思います。

今年はPETHICAのデザイナーはこちらの団体に寄付をしました。ある方の紹介で知った団体ですが、すごく冒険心がくすぐられて…。

自分たちだけでなく、次の世代が楽しめる社会がいいな、と思い応援することにしました。

https://yahoo.jp/XQlWSK ★東北ツリーハウス観光協会 東北各地にみんなが行きたくなるような100のツリーハウスをつくるプロジェクトです。 毎年恒例のこちらも。検索するだけで寄付になります。 https://fukko.yahoo.co.jp/sp/search/ #寄付は応援になる #いま応援できること

PETHICAはこちらもフォローしていただけると嬉しいです♡→ Website , Instagram , Facebook

#ペシカ #PETHICA #311 #愛 #Love