Blog

こっそり地球に感動していた時。

先日、心の中で地球を感じた瞬間がありました。

それは、

数日前、仕事で業者の閉業間際18時におじゃましたのです。

そして、制作に使う部材の仕入のお会計を終えると、、、まるでいつものことのように、自然な流れで、小さな、繊細でキレイなガラスのコップに、赤ワインが注がれて私の前に出てきました。

「え?これ私のですか?」

「そうですよ」

と。 本当にいつも通りのような感覚で。(まだお会いするの3回目なのですが!)

あまりにも自然の流れだったので、もちろんお言葉に甘えて、ワインをいただきながら、ジュエリー業界のベテランおじさま方と一緒に過ごしました。

半年前まではわからなかったであろう言葉や、会話にだんだんついていけている自分を発見して嬉しく感じました。

この おじさまは、こう言ってくださるんです。

「なにか私でできることがあれば、協力させてくださいね」 と。

たいして仕入れているメジャー顧客でもない私に、親切にしてくださって、色々と教えてくださるのです。

そして、この日は、なんと、今後いつ見られるかわからないほど、めずらしい↑の写真をを見せてくださいました!!! しかも「手に取って触ってみていいですよ」と。

何に見えますか? こちらはダイヤの原石です!

隣にタバコとか携帯とか置いて撮るのを忘れましたが、、、!!! 小指の第一関節くらいかな。

とにかく大きいです!! 7カラット超!!

なんというのか、すばらしい感じ?オーラ?はしてくるのですが、パッと見は、工事現場とかにたくさん落ちているんではないかという、コンクリートのよう。

ダイヤなので、貴金属や石のように、肌で感じるほどの重さはありませんが、とにかく7カラット以上の代物なので、驚くばかりです。

「このままさりげなくペンダントにしたら粋だよね」 「え、そんなのもったいないです」 「わからないくらいがいいんだと思いますよ」 「ダイヤなのにキラキラしていないなんて究極のお洒落ですね」 「マニアは喜びますょ」

なんて会話をしました。いつかこんなダイヤを扱えるようになりたいものです。

そして、7カラットが凄いとか、この代物がスゴイとか、、、

そんなことよりも、私はこれが、地球が生み出したものである、ということに、実は心で感動していました。(会話には出さなかったけれど)

まるで石ころのような、そんな塊が、あの、誰しもを魅了させるキラキラしたダイヤなのです。地球ってすごいな、と改めて思いました。原石というのは、人間がカットや研磨を入れる前の、自然の恵みそのものなのです。

地球が生み出すものは、本当に美しい、と心の中でこっそりと感動しまくっていました。

そして、そう感じていた時に思い出したものがあります。

それは、コチラ↓


何に見えますか?

これは南米の塩湖の塩の結晶です。

こんな風に現地ドライバーと、塩湖の割れ目から、取り出しました。(割れて落ちないかとすっごく怖かったけれど!!!)


実際、舐めてみたら、強烈にしょっぱかったです。

この結晶を見た時も、とても美しいものだな、と感じたのを思い出しました。

地球がつくりだすものは本当に美しい。

いつも旅に出ると、大地や自然のことをたくさん感じるけれど、ふとしたきっかけで、地球の素晴らしさを、改めて感動できた良い一日でした☆

地球が与えてくれる限りある資源なのだから、私はその美しいものたちを大切に使って、美しいものを残していきたいと思いました。

#ペシカジュエリー #ダイヤ #PETHICA #旅するジュエリー #ジュエリー #ダイヤモンド #JEWELRY #ペシカ #原石

Featured Posts
Recent Posts
​Archive
Tags
Social Media
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon